コロリー

【閉店】コロリーで全身脱毛の評判はどう?ミュゼとの違いから料金や効果、プランの種類も徹底調査!

全身美容脱毛サロンコロリー

テレビCMでよく見かけるコロリーは、なんと月額890円(税抜)で全身脱毛ができる脱毛サロン!

ですが、あまりに安すぎる料金だと、脱毛が完了するのに何回も通うハメになったり、追加料金が発生したり、スタッフの対応が悪いかも?なんて不安になる女性は多いはず。

実際にコロリーについて調べてみると、かなり信頼できるサロンということがわかりましたが、値段の安さだけで決めると損をする可能性もありました!

そこでコロリーの公式サイトには書かれていない、詳しい情報を徹底調査!

複雑な料金体系や脱毛プランから、気になるエタラビやラットタットとの関係性まで、しっかり調べました!

2017年にオープンした脱毛サロン「コロリー」

2017年4月に誕生した全身美容脱毛専門サロン「colorée(コロリー)」は、創業15周年を迎えた、あの「株式会社ミュゼプラチナム」の新ブランド。

フランス語で「カラフルな」という意味の言葉“コロレ”が由来で、美容脱毛サロンcoloréeとなっています。

部分脱毛のパーツメニューが豊富なミュゼと違い、より手軽に全身脱毛メニューが利用できるように作られた全身脱毛専門サロンなんです!

ミュゼで培われた技術や経験を活用しているから、まだ誕生したばかりのサロンながらも、すでに店舗数は全国で61店舗を突破。さらに

  • スピード脱毛サロンがすごいと思う
  • 安いと感じる全身脱毛サロン
  • 最も早くつるつる肌になれるサロン
  • 痛みが少ないと思うサロン
  • キャンペーンがお得だと思うサロン

これら6つのランキングですべて1位を獲得し、コロリーは見事6冠を達成しています。

コロリーのテレビCMでは、ハーフモデルの鈴木えりかさんが、イケメン男性へ壁ドンする積極的な女性を演じていました。
どんぐりころころのメロディーで「コロリンガール」と繰り返す替え歌は、耳に残ると話題になっているので聞いたことがある女性も多いかもしれませんね。

ちなみに、このイメージモデルの鈴木えりかさんご自身も、コロリーで全身脱毛をしている1人なんですよ!

コロリーは元AKBグループの永尾まりやさんや岡田栞奈さん、歌手であり声優でもあるPileさんといった、数多くの有名人も通っているサロンです。

ミュゼとコロリーの共通点は?

コロリーはミュゼの新ブランドだけあって、同じシステムやサービスの部分があるので、共通点をまとめてみました。

脱毛方式

脱毛方式はミュゼもコロリーも共通して、SSC脱毛(スムース・スキン・コントロール)という光脱毛方式で、抑毛効果のあるジェルを塗って照射していきます。

アフターケア

ミュゼでは施術後、プラセンタエキス配合のミルクローションでトリートメントしていきますが、コロリーも保湿ローションでしっかり脱毛後のアフターケアをしてくれます。

各種システム

コロリーはキャンセル料が発生せず、平日や土日など通う時間帯によってプランが違ったり、店舗の移動ができたりするのもミュゼと同じシステムです。
店舗スタッフとやり取りできる直通電話がなく、代表の問い合わせ電話番号しかないのも共通しています。

ミュゼとコロリーの違いは?

ミュゼとコロリーは脱毛方式やサービスなど共通点も多いですが、違うところもあります。

脱毛範囲

ミュゼでも全身脱毛を扱い、コロリーでも部分脱毛を用意していますが、基本的にはパーツ脱毛のミュゼに対し、全身脱毛専門としてコロリーが生まれました。
そのため、部位脱毛プランのキャンペーン充実度はミュゼとコロリーで違います。

店舗数

コロリーは現在まだ61店舗と、全国170店舗のミュゼに比べると少ないですが、他の脱毛サロンと比べ圧倒的に多いです。

支払い方式

ミュゼでも分割払い、またコロリーでも一括払いが用意されていますが、基本的にミュゼの料金設定は一括払いです。コロリーは月額制料金プランをプッシュしているのは、大きな違いと言えるでしょう。

予約方法

ミュゼでは電話や店舗、ネットから予約ができ、公式アプリのミュゼパスポートを使えば24時間いつでも予約や変更ができます。
コロリーでは現在、ネットやアプリの予約方式がなく、電話か来店時に次回の予約をする方法です。

コロリーの特徴~他サロンとの違い5つ

全身脱毛サロンコロリーはミュゼの新ブランドですが、他の脱毛サロンと比較して優れた特長をもつポイントをまとめました!

1回の施術で全身まるごと脱毛

コロリーの全身脱毛は1回90分で、全身まるごと施術を受けることができます。

通常、月額制の全身脱毛では1回の施術で、上半身または下半身の1/2または、さらに左右に分かれて1/4の脱毛をする場合も。
少し複雑な話ですが、全身脱毛のコースでも、全身1回分の施術をするのに何回か通う必要があるのです!

それだけ1回の施術時間は短くなりますが、たとえば12回の契約でも、1回で1/2の施術なら実際、全身脱毛ができるのは6回の計算で、1/4となれば全身の脱毛はわずか3回しかできていない状態です。

さらに、毛の生え変わるサイクルの毛周期を考慮して、2か月や3か月に1度のペースで通うとなれば、それだけ時間もかかってきてしまいます。

コロリーなら1回の施術で全身脱毛ができるのにくわえ、施術時間も90分とスピーディーなのは見逃せないポイントです。

シェービング代の追加料金ナシ

コロリーは背中やうなじ、デリケートゾーンのOラインといった自己処理ができない脱毛部位はシェービング代無料で対応してくれます。
また剃り残しがあった場合は、その部分を避けて照射していくので、シェービング代の追加料金は0円。

他のサロンでは剃り残しの有無を問わず、毎回1,000円~3,000円のシェービング代が発生したり、1万円近くのシェーバーを購入することがあるので、比較するとリーズナブルなシステムになっています。

ただし、剃り残しがあったら照射をしてもらえないので、脱毛回数がカウントされてもったいないです。
さらにまったくお手入れをしていないと、施術を断られてしまう可能性もあるので、シェービングをせずに行くのはNG行為。

ムダ毛が生えている部位にフラッシュ脱毛の光をあてて、毛穴のない部分にダメージを受けると火傷する恐れもあるため、施術ができません。

予約キャンセル料が0円

見逃しがちな追加料金といえば、キャンセル料や予約変更のペナルティ料金ですが、コロリーはキャンセル料無料なので0円です。

他のサロンでは予約変更やキャンセルは3日前~前日、さらに当日キャンセルは罰金や回数消化になるのが一般的。

コロリーはお手入れ保証制度があるので、当日キャンセルをしても予約していた箇所の回数分がなくなることはないのです。

ネットの古い情報では「コロリーは当日キャンセルすると1回消化扱い」と書かれているサイトもありますが、正確には少し違います。

途中で解約をする時は、キャンセルは消化扱いとなりますが、通い切るならキャンセルした回数分も保証してくれるので消化されません。

回数保証制度&返金保証

コロリーでは当日キャンセルでも回数が保証されるだけでなく、未消化分の返金保証も用意されています。

当日キャンセルをしても、お手入れ保証制度により施術を受けられる回数は変わりませんが、返金の対象外となるので途中で解約をすると返金額は少なくなります。

ですがキャンセル経験がなく解約する場合は、解約手数料はかかりますが残った回数分をすべて返金してくれるのです!

美容脱毛サロンの途中解約では、消化回数によって計算方法が変わり、あまりに返金額が少ないため「それなら通った方が良い」「諦めた方が良いかも」なんて場合も。

コロリーは初めての人でも安心して試せる全身脱毛サロンを目指しているので、わかりやすい返金保証となっています。

どこの店舗でも完全個室

初めてサロンに行く人は意外かもしれませんが、コロリーは完全個室というのも大きな魅力のひとつ。

下着を脱いでVIOラインの脱毛もするエステサロンの場合、基本的には女性専用ですがカーテンで仕切っているだけのところが多いのです!

ゆらゆら揺れる隙間が気になるだけでなく、自分の会話もカーテンの向こうの話し声も丸聞こえ状態。

また、店舗によってパーテーションや完全個室、カーテンと設備が違うサロンもあり、口コミで調べたのと違ってガッカリすることがあります。
完全個室をアピールしているのに、実は小さな文字で「店舗により」と書いてあることも。

コロリーでは全店舗が完全個室になっているので、場所や店舗によって差がなく、リラックスして施術を受けることが可能です。

とくに他社サロンで脱毛経験がある人なら、とてもメリットに感じるでしょう。

コロリーの脱毛プランは結構フクザツ!?

コロリーの公式サイトにある「料金&プラン」では、全身34部位とフェイシャルケア、オーダーメイド脱毛の3種類が紹介されていますが、実際はもっとたくさんの種類があります。

通い方と脱毛範囲、その他の種類ごとに、料金プランをすべてまとめてみました!

通い方が違う2種類

プラン名 プラン概要 料金例(34か所の全身脱毛・12回)
2WFAST 2週間に1度の施術
平日&土日の営業時間すべてOK
171,160円
4WDAY 4週間に1度の施術
平日、開店時間~17時まで
85,500円

コロリーでは通い方が違う「2WFAST」(2weekfast)と「4WDAY」(4weekday)の2種類でプランが分かれています。

2WFASTは最短2週間に1度のペースで通えて、平日および土日、祝日の営業時間内ならどの時間でも予約脱毛がOK。
4WFASTは最短でも4週間に1度のペースで、平日のみ開店時間から17時までの予約と通える時間が決まっています。
比較すると、4WFASTは施術ペースが遅く通える時間も制限がありますが、最大の魅力は料金の安さです!

同じ34か所全身脱毛の12回コースで脱毛料金を比べてみると、2WFASTは171,160円に対して4WDAYは10万円以下の85,500円!

通常のサロン脱毛では2か月~3か月の予約ペースが一般的なので、実は月に1度でもかなりのハイペース。
月に1度、平日に通える人なら圧倒的に4WFASTの方がお得に脱毛できます。

脱毛箇所が違う3種類

プラン名 脱毛範囲 範囲の詳細
全身脱毛コース 46か所 顔以外、VIOを含む全身が対象
ライトコース 36か所 46か所のうち、背中下、コシ、ヒップ、乳輪まわり、
胸、お腹、へそ周り、下腹部は対象外
バリューコース 24か所 服を着て露出している腕や足、手のみ

コロリーの公式サイトでは全身34部位の美容脱毛が紹介されていますが、他にもプランが存在しています。

実はなんと、コロリーはもともと46部位が全身脱毛プランの範囲で、34か所の脱毛は「ライトコース」というプラン。
対象外の背中や胸、お腹まわりも含まれた46か所が「全身脱毛コース」となっています。
また、洋服を着て見える部分だけを脱毛する「バリューコース」(旧ベーシック)もありますが、こちらは部分脱毛に近い感じです。

ミュゼでも「全身脱毛コースライト」や「全身脱毛コースバリュー」という、似たようなプランが用意されていますが、コロリーとは内容が違うので注意してください。
ミュゼも全身脱毛は顔が含まれず、VIOラインは対象内となっていますが、脱毛範囲の組み合わせが違います。

フェイシャルケア(顔脱毛)

プラン名 脱毛範囲 範囲の詳細
フェイシャルケア 8か所 額、頬、もみあげ、フェイスライン、鼻下、アゴ

コロリーでは「フェイシャルケア」という名称で顔脱毛も取り扱っています。

以前は、全身脱毛を受けた人だけが利用できるオプションプランでしたが、現在は2回で10,000円の顔脱毛トライアルを用意。
脱毛後は、しっかりと美肌&保湿ケアもしてくれるので、化粧ノリがアップするぷるつや肌が実感できます。

トライアル終了後は、全身脱毛にプラスして契約をするのにくわえ、6回以上の契約を条件として最低30,000円~の追加料金が発生します。(1回5,000円)

ただし、フェイシャルケアは公式サイトでも詳細が書かれていないように、料金と内容をコロコロ変更している印象。

わずか1年の間に、10,000円から7,000円、5,000円と価格変更があり、内容も「全身脱毛のオプションとして6回以上の契約」「3回以上なら顔脱毛のみの契約も可」など、時期によって違うのです。

顔を含めた全身脱毛をコロリーでしたい人は、過去の口コミ評判だけでなく、今のお得なキャンペーンをカウンセリングで確認するのが良いでしょう。

オーダーメイド脱毛

全身脱毛サロンのコロリーでは、気になる部位だけを始めたい人向けの部分脱毛も用意しています。

全身脱毛の46か所と同じく、顔以外でVIO脱毛を含むすべての脱毛が対象。
例えばVIOトライアル3回で14,400円、6部位6回なら43,200円で施術を受けることができます。

とはいえ、もともとパーツ脱毛が多いミュゼに対して生まれたのが、全身美容脱毛サロンのコロリー。
そのため、部分脱毛の種類の多さやキャンペーンでは、ミュゼの方が圧倒的となっています。

金額ではミュゼの全身脱毛コースバリュー(選べる部分脱毛)6回がアプリダウンロード価格で78,750円に対し、コロリーは6部位6回43,200円。
金額はコロリーの方が安いですが、たとえばミュゼでは両ヒジ上、ヒジ下の2つの範囲が、コロリーだと上下、裏表、ヒジの6箇所と多くなっています。

コロリーで部位美容脱毛を考えているなら、料金だけでなく脱毛範囲もチェックした方がいいでしょう。

1番人気の月額990円はどんな人におすすめ?

コロリーでおすすめされているのが、1番人気の「月額990円」の全身脱毛プランです。

色々な種類の脱毛サービスがある中でも、脱毛デビューにぴったりな値段の安さが特徴的ですが、それ以外のポイントを知ると、本当はどんな人に向いているプラン内容なのか見えてきます。

▼月額990円プランがおすすめの人

  • 顔や背中下からお尻、胸&お腹周りの脱毛は不要
  • 平日の開店時間~17時までに通える
  • 最短でも月に1度の予約ペースで良い
  • とにかく月々の支払いを安く抑えたい
  • まずは手軽に全身脱毛を始めてみたい

月額990円プランの詳細

コロリーが提案している月額990円プランは、4WDAYの34か所ライトコースで全身脱毛していく内容です。

全46部位のうち、背中下、腰、ヒップ、乳輪周り、胸、お腹、へそ周り、下腹部の12部位を除いた34部位が脱毛範囲でVIOのデリケートゾーンも対象内。

最短で月に1度の予約ペースで通えますが、平日の開店時間~17時までの範囲内で予約ができます。

脱毛回数は12回、18回と希望の回数で契約できますが、月額990円は5回の支払い総額35,625円を36回払いにした金利、税抜き価格。
分割払いなら年利15%の金利にくわえて消費税も付くため、実際は1,333円が毎月の支払額となってきます。

ミュゼとは違う月額料金システムがコロリーの特徴にもなっていますが、コロリーの月額プランは総額をローン分割で支払う方法なので、最短5か月で終わる脱毛を3年かけて支払いする感じです。
もちろんコロリーでも現金一括払いやローン2回払いなども対応していますし、途中で解約をする場合は、解約手数料を引いた未消化分のお金が返ってきます。

なにより、毎月の支払を少しでも抑えて全身脱毛をしたい人には、月額990円のコースは魅力的。
金利が気になる人は、まとまったお金を用意して一括払いするのがお得です。

月額990円プランが向かない人とは?

コロリーで人気No1の全身脱毛として月額990円のプランが紹介されていますが、実は誰にでもおすすめできるとは言えません。

人によっては月額990円プランよりも、もっといいプランがコロリーでは用意されているので無料カウンセリングで確認するのがよいでしょう。

▼どんな人はおすすめできないか

  • 胸やお腹、背中、お尻周りも脱毛してほしい
  • 平日の日中、サロンに通うことはできない
  • 月1回でなく、もっと早いペースで予約したい
  • 服を着て露出する部分だけ脱毛できればいい

月額990円をおすすめできない理由

月額990円プランは4WDAYの36部位を対象にしたライトコースなので、対象外の部分も脱毛したい人は、全46部位の「全身脱毛コース」がおすすめ。
また、土日や平日17時以降や、最短2週間に1度のペースで通いたい人なら「2WFAST」のコースがいいでしょう。

逆に、全身脱毛でももっと範囲を狭めてよりリーズナブルな値段に抑えたい人なら、洋服からはみ出る部分だけを脱毛してくれる「バリューコース」の方がお得になる場合も。

キャンペーンや限定プランによっては、もっと安く効率よく施術できることもあるので、カウンセリングでしっかり希望を伝えると、あなたにとっても1番いいプランを提案してくれます。

コロリーの全身脱毛は月額990円プランだけではないので、きちんと希望を伝えるのが大切です。

コロリーより他社サロンを利用した方がいい人

全身美容脱毛サロンのコロリーは、幅広い年代の女性から人気ですが、残念ながら人によってはコロリーをおすすめできない場合があります。

知らずに「口コミ評判がいいから」「周りもやっているから」と決めてしまうと「こんなはずじゃなかった」となる恐れもあるので気を付けましょう。

▼他社サロンを利用した方が良い人

  • 顔を含む全身脱毛を安くやりたい
  • 通い放題の全身脱毛をしたい
  • 2度と毛が生えない永久脱毛をしたい
  • 全身脱毛でなく部分脱毛をしたい

他社脱毛サロンをおすすめする理由

コロリーでは、顔脱毛が追加料金のオプション扱いになっているので、顔もVIOも含めた全身脱毛に取り組める「キレイモ」「シースリー」「銀座カラー」の方がお得。
(「他社サロンと比較してコロリーの料金は安い?」で金額を比較しています)

サロンによって脱毛範囲や回数が違うので、お試し気分で全身脱毛や顔脱毛をしたい人なら、月額990円にフェイシャルをプラスしたコロリーが安いですが、本格的に顔も全身も脱毛したい人なら、他社の方が費用は抑えられます。

またコロリーでは現在、通い放題や永久保証、回数無制限プランは用意されていません。
総額は30万円以上かかるのが相場ですが、コロリーに通い続けるよりも「キレイモ」「シースリー」「銀座カラー」で回数無制限のプランを利用する方がお得です。

通い放題なら満足いくまで施術を受けられますが、実際に永久脱毛を目指すなら、医療脱毛での施術が必要となってきます。
コロリーだけでなくエステサロンすべてに言えますが、医療脱毛に比べて脱毛の照射威力が弱いので、永久脱毛でなく抑毛を目指すタイプとなっています。

そして、全身脱毛でなく部分脱毛をしたいなら、本家ミュゼプラチナムの方が豊富なプランが用意されているのでおすすめです。

コロリーで覚えておきたい割引サービス

コロリーではさらに料金が安くなる割引サービスがあるので、全身脱毛をより手軽にスタートできるチャンス。

割引サービスによっては併用できないものもありますが、知らずに損をすることがないよう、しっかり覚えておきましょう。

25,000円安くなる「乗り換え割」

今、他の脱毛サロンを利用していて、予約の取りにくさや高額な支払い、お店の雰囲気に不満を抱えてコロリーを利用したいと思っているなら「乗り換え割」は見逃せません。

契約時に、他サロンの会員証や契約書を提示すると、25,000円の割引をしてくれます!

全身脱毛コース指定コースの6回以上契約する人が対象ですが、学割との併用もできるのでかなりお得。

他の全身サロンで脱毛処理をしていた経験をコロリーで言うのは、嫌な顔されそうと思わないでください!

せっかくのお得になるチャンスなので、脱毛価格を下げてコロリーを上手に賢く使いこなすチャンスです。

10,000円安くなる「学割」

コロリーでは乗り換え割だけでなく、契約時に学生証を提示できる学生には10,000円値引きの学割が適用できます。

全身美容コース12回以上の契約が対象ですが、生理を迎えて毎月順調に月経が来ている学生ならコロリーで脱毛が可能。
そのため大学生だけでなく、未成年の中学生、高校生でもコロリーなら全身脱毛が始められます。

ただし未成年者が契約をする際は、親権者同意書を用意しなければいけません。
また親のクレジットカードで支払いをするなら、名義の記入が必要になるのでカウンセリングや契約では親と同伴する必要も。
女性専用サロンのコロリーに男性は店舗に入れないため、父親の同伴が必要なら事前にサロンへ確認しましょう。

その他「託児所割引」や限定キャンペーン

コロリーでは乗り換え割や学割以外にも、お得な限定キャンペーンが用意されています。

ママに嬉しい割引サービスなら、託児所「ママズスマイル」の託児料金が3時間半額&登録保険料2,000円⇒0円に注目。
0歳児、土日祝日、食事介助利用時加算といったオプションは通常料金ですが、脱毛するために家が空けられないママさんでも、コロリーなら安心して施術が受けられるのです。

さらに、不定期のタイミングでSNSに口コミ体験談を投稿すると、クーポンが貰えるキャンペーンも開催中!
現在は、テレビCM放送記念として、コロリーで使えるクーポン5,000円分が抽選で100名に当たります。

他にも公式サイトやカウンセリングで紹介される情報があるので、契約時にお得なキャンペーンがないかサロンスタッフに聞いてみるのがおすすめです。

他社サロンと比較してコロリーの料金は安い?

コロリーを他社の脱毛エステサロンと比較してみると、脱毛料金だけ見るともっと安いところもありますが、それ以外にもチェックしたい比較ポイントがあります。

まずは、回数制パックプランや脱毛総額料金で比較してみました。

サロン名 脱毛回数 脱毛料金 脱毛範囲 有効期限 シェービング代 最短ペース
コロリー
(2WFAST)
12回 234,000円 顔なし 3年 0円 2週に1度
コロリー
(4WDAY)
12回 85,500円 顔なし 3年 0円 月に1度
脱毛ラボ 12回 195,980円 顔含む 1年 1,000円
~1,500円
月に1度
キレイモ 12回 212,040円 顔含む 4年 1,000円 月に1度
銀座カラー 無制限 197,650円 顔なし 2年契約、1年更新 3,000円 1年最大6回
ストラッシュ 12回 154,500円 顔含む 1年6か月 0円 2週に1度
シースリー 12回 240,000円 顔、VIOどちらか なし 0円 3か月に1度

脱毛効果が実感でき、自己処理がグッと楽になるタイミングの12回で比較してみると、コロリーの4WDAYプランは圧倒的な安さ!

2WFASTの金額ではもっと安いところもありますが、そのかわり有効期限が短かったりシェービング代が発生したリ、さらには通える最短ペースが遅い場合もあります。

顔脱毛を含まず、より手軽で効率よく通いたい人ならコロリーがおすすです。

また、他社サロンではパックプランと月額制でプラン内容も変わってくるので、毎月支払っていく月額制料金でも比べてみました。

サロン名 月額制料金 施術範囲 シェービング代
コロリー 990円~9,500円 全身 0円
脱毛ラボ 1,990円 全身1/4 1,000円~1,500円
9,980円 全身1/2 1,000円~1,500円
キレイモ 9,500円 全身 1,000円
銀座カラー 6,500円 全身 3,000円
ストラッシュ 7,980円 全身1/4 1,000円
シースリー 5,800円~6,400円 全身1/4~全身 0円

ここでもコロリーの月額990円はズバ抜けてリーズナブルな価格となっていますが、回数や範囲によっては9,500円ほどのプランもあります。
毎月9,500円以下で通えるサロンは多いですが、安い価格設定のところは1度の施術で全身の1/2~1/4と範囲が狭いのです!

コロリーの場合は長くても月に1度のペースで通えますが、2か月~3か月に1度のペースでも、月額制なら毎月口座の引き落としが発生するので、1回あたりの施術代金はそれだけ高くなってしまいます。

シェービング代も毎月支払うなら、それだけ追加料金が上乗せすることになるので、より安く早く全身脱毛を取り組みたい人なら、コロリーがおすすめです。

初月無料や限定キャンペーンを利用すると、他社の方がお得になる場合もありますが、コロリーも不定期で開催しています。
1円でも損せずに絶対に安く脱毛をしたい人は、カウンセリングをハシゴして決めるのもいいアイデアでしょう。

コロリーの脱毛効果~毛周期を気にしない!?

コロリーでは2週間~月に1度のペースで予約ができますが、通常サロンでは2か月~3か月に一度の脱毛期間が一般的です。
ペースが遅いのは脱毛を終わらせない意味ではなく、毛周期を意識した施術をしているため。

光脱毛は今、生えている毛の毛根や毛包に照射していきますが、それが自然に抜け落ちて新しく生えてくる毛のサイクルに沿っていく必要があるのです。
その毛が生えるサイクル“毛周期”を考慮すると、2か月~3か月がベストとなってきます。

それでは、早いペースで通えるコロリーに脱毛効果があるのか?と心配になる人もいるでしょう。

実は、コロリーではSSC脱毛(Smooth Skin Control・スムーススキンコントロール)という、毛周期を気にしない光脱毛ができるのです!
SSC脱毛では抑毛効果のある専用ジェルを塗布して、ジェルに反応をする光を当てて照射していきます。

光の脱毛効果だけでなくジェルの抑毛作用の相乗効果で、より早くスピーディーな脱毛が可能です。

また、痛みは少なくジェルの美容成分で美肌効果が期待できるのも、SSC脱毛の特徴となっています。

SSC脱毛はコロリーのほか「脱毛ラボ」や「ミュゼ」のサロンでも採用されています。

サロン別・脱毛マシーンの脱毛効果を徹底比較!

SSCによる脱毛機は、痛みがなく肌へのダメージが少ないのが特徴ですが、その他の脱毛マシーンがもつ特徴と脱毛効果を比較してみると、コロリーのよさが見えてきました。

IPL方式は施術ペースが遅い脱毛!?

「シースリー」や「キレイモ」「銀座カラー」が使うIPL方式(Intense Pulsed Light・インテンスパルスライト)の脱毛機は、特殊な光を照射して毛根を弱らせるタイプ。
メラニン色素に反応させて熱が発せられるので、脱毛・抑毛効果が期待できます。

同じ方式の医療レーザーは、より強い光の出力ですが、サロンで使用するのは弱め。
ですが、そのぶん痛みが抑えられるのにくわえ、肌が弱い人でも皮膚が薄いデリケートゾーン、顔周りの脱毛も可能です。

ただし、毛周期を意識して施術をしていく必要があるため、たとえ広範囲の照射であっても2か月~3か月に1度のサイクル、または部分的な施術を繰り返すため、回数や期間が長くなってきます。

SHR方式は長期間の効果が不明!?

「ストラッシュ」が採用しているSHR方式(Super Hair Removable・スーパーヘアリムーバブル)は毛根でなく、毛包や発毛の指令部分“バルジ領域”に光を照射していくタイプ。

IPL方式とはまったく違うため、メラニンが薄い産毛や日焼けした肌にも効果的なアプローチができます。
また、毛周期を気にせず脱毛できるのも、IPL脱毛にはないメリットと言えるでしょう。

ただし、SSC方式やIPL方式と比べると、新しい方式の脱毛マシーンのため長期間の脱毛効果などがまだはっきりしておらず、導入しているサロンが少なめ。
SHR方式を採用しているストラッシュは現在、日本全国で15店舗と、まだまだ少ないです。

コロリーは元エタラビ、ラットタット?経営は大丈夫?

実は、エタラビ姉妹サロンのラットタットがあった場所にコロリーの店舗が多くあるため、経営に不安を感じている人も少なくありません。

知らなかった人も、エタラビやラットタットと関係があるとわかれば、心配になるのでは!?

エターナルラビリンスといえば、大手脱毛サロンとしてCMや広告でもよく見かけていたのに、2016年に消費者庁より業務停止命令が出され、その後破産申請、姉妹店のラットタットとあわせて倒産しました。

グロワール・ブリエ東京(GB社)とミスプレミアム(MP社)が破産手続きを開始し、エタラビやラットタット契約者は脱毛を受けることができない事態に。
それどころか、契約した残りのお金も戻ってこないほどの負債も抱えていたのです。

では、ラットタットがコロリーとして事業を再開したのでしょうか?

なんと、その後RVH社の子会社であるミュゼプラチナムが、GB社とMP社の事業譲渡を受け、ラットタットの後を引き継いでコロリーが生まれたという流れなんです!
RVH社はミュゼだけでなく、たかの由梨ビューティークリニックを運営する不二ビューティーも子会社化している、美容事業に強い企業。

少し難しい話が続きましたが、簡単にまとめるとコロリーはラットタットのように倒産の危険があるサロンが再開したのではなく、新たに生まれた新ブランドとなっています。
もちろん、ラットタットがリニューアルした店舗でも、サービスや脱毛効果、衛生面での差は一切なく、ミュゼが運営するサロンです。

エタラビやラットタットと繋がりがあるので「危ない」「倒産するかも」といった心配は必要ありません。

コロリーはココがダメ!?覚えておきたい注意点

脱毛サロンcoloreeで、ひとつダメな部分として、公式サイトを見てわかるとおり「料金や脱毛プランについての情報が少ない」という点があります。

部位美容脱毛コースはもちろん、全身脱毛ライトコースやバリューコースの詳しいプラン内容や料金体系は、公式サイトには書かれていません。

これは決して「知られたらマズいことがある」という意味ではなく、時期により内容が変わってしまうことが多いのが原因のひとつ。

たとえば服から見える部分の24部位バリューコースも、時期によって22部位だったりVIOを除く範囲だったりと内容が違うのです。
顔脱毛のフェイシャルケアも1回5,000円~10,000円と時期によって違っていました。
(現在は2回10,000円のトライアルが用意されています)

そのため、コロリーで全身脱毛を始めるときに、絶対に覚えておきたい注意点は「無料カウンセリング予約で聞いてみること」です!

  • サロンに通うペース
  • 希望する脱毛範囲
  • 毎月支払いをする予算
  • 脱毛の仕上がり(自己処理がラクになる程度か、完全なつるすべ肌か)

これらの希望をきちんと伝えれば、あなたに最適なプランをサロンスタッフの人が提案してくれます。

無料カウンセリング予約で必ず契約をする必要はなく、強引な勧誘もありません。
ぜひ、コロリーの無料カウンセリングで、もっともお得なプランを調べてみてください!

[PR]脱毛サロンキレイモ
通常