部位に合わせた脱毛選び

足脱毛はサロンよりクリニックが安い!?回数や痛み、効果の比較と注意点

投稿日:

素足
せっかくスカートを履いても、ストッキングから男のようにモジャモジャと毛がハミ出していたら台無し。
さらに自己処理のやりすぎで肌が荒れていたら、恥ずかしくって生足はとても無理ですよね。

毛深い私は中学生の頃から、お風呂に入るたびにカミソリでジョリジョリ沿っていました。
でも実は、私みたいに太く濃い足のムダ毛に悩んでいる女性は少なくありません。

そこで本格的に足のムダ毛問題から解放されるなら、クリニックやサロンで脱毛してもらうのがおすすめ!
手が届かない足の裏側や、ケガをしやすいヒザや足先など丁寧に処理してもらうだけでなく、肌トラブルのないキレイな足に仕上げることができるんです!

そこで、足に特化した脱毛をする際に覚えておきたいポイントから注意点まで、徹底調査しました。

男のすね毛みたい!?足の毛はなぜ太くなるの?

スカートを履く女性にとって、足脱毛はもう身だしなみのひとつ。
ですが、脇や顔と違って太く濃いムダ毛に悩んでいる人は多いですが実は、足だけ毛深い女性は意外に多いのです。

毛穴や毛質、毛量は遺伝的影響を受ける部分で、足に限らず父親や母親、祖父母が毛深いから毛深くなってしまう可能性もあります。

ですが、それだけではありません!

ホルモンバランスの乱れで、毛深くなってしまう場合があるのです。

すね毛の濃い足は男性らしさでもあるように、体毛の濃さやや太さは男性ホルモンのテストステロンの影響を受けます。
これは衝撃を守る、温度調節、感覚を伝えるといった、狩りをする男性にとって意味のあるものでしたが、今の時代は当然、狩りをして生活をする人はいません。

ただ、女性も実は女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンも分泌されています。
そこで、ホルモンバランスが崩れてしまうと男性ホルモンが上回ってしまい、女性でも毛深くなることも。

また、足を露出する女性は紫外線を浴びますが、肌の奥にある真皮にまで届きダメージを与える外敵。
そこで、身体は紫外線の刺激から肌を守ろうと、毛が太くなる機能を兼ね備えています。

さらに脇と同じく足の脱毛は当たり前の状態とはいえ、範囲も広く手の届く範囲なので、カミソリで手軽に処理する女性は多いです。
カミソリのせいで毛深くはなりませんが、斜めにカットされた断面が太く見えたり、傷でダメージを受けないように毛が太くなることもあります。

実は、女性こそ足の毛が太くなりやすい環境なのです!

そこで、少しでもリスクを抑えてツルツル美脚を手に入れるために、プロに任せたサロンやクリニック脱毛が選ばれています。

足の脱毛は痛いって聞いたけど本当?

脱毛部位の中でも、足脱毛は痛みを感じる人が多いです。

もともとすねの部分は毛が濃くなりやすいものの、太ももは産毛のように細く、足全体でみると毛質が変わりやすい部位
また、関節部分のひざは脂肪が薄いので、より痛みを感じやすくなっているのです。
毛質や痛みをセルフコントロールできませんが、少しでも痛みを抑える方法はあります。

足脱毛は生理中でも施術ができる施設が多いですが、肌が敏感な状態なので生理中は避けるのが良いです。
そして、直前にカミソリで剃ったり日焼けをするのは避け、準備をしっかり整えれば、痛みを抑える対策になってくれます。

足脱毛はひざ下だけでいい?

「ショートパンツは履かない」「太ももは出さないから」といった理由はもちろん「ひざ下だけの方が安い」など、足全体でなくひざ下の部分脱毛をする女性も多いです。
ですが、せっかく足脱毛をするなら、太ももから足先まで、全体的に施術してもらうのがおすすめ!

特別な日に露出が多くなった際、ひざ下だけにしておくと境目がくっきり目立ってしまうのです。
確かに、値段だけで考えれば、1箇所のひざ下脱毛が安いですが、いざ施術をして範囲を広げていくと、部分脱毛の組み合わせで料金が割高になる場合も。
それなら、最初から足脱毛のセットプランの方が総額は安くなります。

さらに、見た目の仕上がりを考えても、太ももは見逃せない脱毛部位。
毛が細く産毛のような太ももは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)になりやすい場所でもあるのです。
毛孔性苔癬は、二の腕やお尻にできるブツブツと毛穴が盛り上がり、鳥肌のような見た目になりますが、毛穴がふさがれてしまっているのが原因。
ホルモンバランスの乱れや乾燥で悪化する恐れもあるので、丁寧な施術をしてくれる施設での脱毛が安全です。

足脱毛をするならクリニックがおすすめ

施設での脱毛はサロン通いや医療脱毛のクリニックによる施術がありますが、おすすめなのはズバリ、クリニック脱毛!

一般的に、脱毛サロンと比べると値段が高い分脱毛威力に優れているので、高い脱毛効果が期待できます。
さらに部分的な足脱毛に限っては、サロンと比べても医療脱毛の方が値段も安いのです!

全身脱毛専門サロンもあるため、サロンのキャンペーンや割引は部分脱毛が適用外だったりすることも。
また毛の太さや量が違う足部分は、技術もマシンの性能も必要になるため、最初からどの太さでも対応できる医療レーザー脱毛器が優れています。

もちろん、医師が診察をして医療従事者が施術をするレーザー脱毛なら、ガスやクリームを使う麻酔にも対応しているので痛み対策にも万全。

医療脱毛でも足セットのお得なプランも用意されているので、太ももから足先まで、お得に効果的な脱毛に取り組めます。

クリニックで足脱毛をするときの回数は?

足の毛は、太ももから足の指までで太さが違うため、毛に合わせた脱毛をしていきます。
クリニックで足脱毛をするなら、初回は生えている毛が抜け落ちる程度。
回数が増えるごとに、毛量が減り毛も細くなっていき、5回目程度で自己処理が不要なくらい目立たなくなってきます。
さらに、産毛のようなムダ毛もなくしたいなら、回数を増やすのが良いでしょう。
期間はおよそ1年半~2年程度で、脱毛完了する人が多いです。

▼クリニックで足脱毛をする際の目安
毛が抜け落ちる実感ができる 1回
自己処理が不要になる 5回

医療脱毛ならこの2社がおすすめ

医療脱毛は足全体のセットプランが多く、パーツの組み合わせよりお得に脱毛できます。
中でもおすすめは、脱毛し放題プランのある「アリシアクリニック」と追加料金が安くなる「レジーナクリニック」です。

アリシアクリニック

脱毛範囲両ひざ上・両ひざ・両ひざ下・両足の甲・指
5回92,200円(月額の場合3,000円)
8回139,960円(月額の場合4,400円)
脱毛し放題178,380円(月額の場合5,700円)

医療脱毛のアリシアクリニックは、なんといっても回数無制限のプランがあるのが魅力。

太く濃いすね毛が気になる人の足脱毛でも、納得できるまで脱毛がし放題となっています。
さらに、アリシアクリニックでは35回払いの医療ローンを活用すれば、月額3,000円から月額払いで通うこともできるのです。
お金を貯めてから足脱毛をするのではなく、通い続けながら施術を受けられます。

また、アリシアクリニックなら、美肌を目指せるスペシャルケアがついているので、今まで自己処理脱毛で荒れてしまった肌も、丁寧なお手入れが可能。
現在、アリシアクリニックは関東を中心に17院展開されています。

レジーナクリニック

脱毛範囲太もも・膝~足首・足の甲、踵脱毛
1回43,200円
5回97,200円

光の調整で皮膚が薄いヒザ裏や足の指先、太もももしっかり対応できるレジーナクリニック。

全5回コース完了後の追加は1回あたり24,300円と、単発より安い値段で脱毛できます。
濃い毛が気になる人はもちろん、細い産毛が気になる人も、様子を見ながら脱毛を続けることが可能。
レジーナクリニックは14院と、アリシアクリニックより数は少ないですが、神奈川や北海道、福岡にもあるため、関東以外の人でも通いやすいクリニックとなっています。

医療脱毛とサロン脱毛の違いとは

クリニックとサロンは同じ脱毛であっても、まったく中身が違います。

医療脱毛は、医者や看護師がレーザー脱毛で照射していき脱毛効果がある反面、痛みを感じやすいです。
サロン脱毛は、研修を受けたスタッフがフラッシュ脱毛で照射していくので、クリニック脱毛と比べると威力は劣るものの痛みは弱め。
また美白やスリミング、さらにはキャンペーン割引などプラスαのサービスが充実しているのもサロンならではの特徴です。

いずれも事前準備やアフターケアがしっかりしているので、セルフケア脱毛よりは安全で丁寧なムダ毛処理に取り組めます。

医療脱毛よりサロン脱毛が良い人もいる?

料金も安く脱毛効果も優れた医療クリニックの足脱毛はおすすめですが、サロンに負けている弱点もあります。

それが、医院数の少なさです!

全国展開をしているサロンに比べると、医者や医療従事者の確保もあって、クリニックの医院数は少なめ。
なかには都内1箇所にしかないクリニック脱毛もあるくらいです。

いくら足脱毛におすすめでも、近くにクリニックがなければ通い続けることはできません。
「近くに医院がない」という地域に住んでいる人でも、店舗数が多いサロンなら通える可能性は高め。
地域によっては、医療脱毛よりサロン脱毛がおすすめと言えるでしょう。

手続きをしなくても予約や店舗変更をして施術できるサロンも増えているので、とくに首都圏以外に住んでいる人ならサロンの方が圧倒的に通いやすいです。

サロンで足脱毛をするときの回数は?

足の毛は、太ももや足の甲は少ないものの、すね毛や指は量が多い部分。
全体的に量を減らし、お手入れが楽になるまで抑毛していきます。

初回も2週間ほどで、表面のムダ毛が抜け落ちますが、自己処理が不要になるまで、平均して10回ほど通う必要があります。
ただしサロンでは永久脱毛ができないので、再びムダ毛が生えてくる場合もあります。
満足いくまで脱毛したなら、通い放題や回数無制限のプランが良いでしょう。
期間はおよそ2年~2年半程度で、脱毛完了する人が多いです。

▼クリニックで足脱毛をする際の目安
毛が抜け落ちる実感ができる 1回
自己処理が不要になる 10回

サロン脱毛で選ぶならこの2社に注目!

太もも、ひざ下、足の指や甲といったパーツを組み合わせる部分脱毛だったり、そもそも足脱毛の取り扱いがないサロンが多め。
そんな中でおすすめは、キャンペーンがお得な「ミュゼプラチナム」と脱毛し放題がある「銀座カラー」です。

ミュゼプラチナム

脱毛範囲あしプラスD
両ヒザ上・両ヒザ下・背中(上)・背中(下)
1回(デイプラン)28,350円
4回(デイプラン)113,400円⇒56,700円(アプリダウンロード)
6回(デイプラン)169,560円⇒85,050円(アプリダウンロード)
1回(レギュラープラン)34,020円
4回(レギュラープラン)136,080円⇒68,040 円(アプリダウンロード)
6回(レギュラープラン)204,120円⇒102,060円(アプリダウンロード)

ミュゼプラチナムは、予約に使えるアプリをダウンロードするだけで半額になるのが見逃せないポイントです。

また、ミュゼプラチナムでは施術する時間帯にあわせて、2種類のプランを用意しています。
平日12時~18時(お手入れ終了)の時間帯に通える人なら、値段の安いデイプランで4回56,700円。
好きな時間に利用できるレギュラープランの場合、4回68,040円で足脱毛が受けられます。
全国で170店舗以上展開しているため、クリニック脱毛よりも通いやすいサロンとなっています。

銀座カラー

脱毛範囲4か所脱毛し放題 足全セット
両足の甲、指・両ひざ・両ひざ上・両ひざ下
コース金額243,648円(月額7,668)

全国52店舗とミュゼプラチナムには劣るものの、脱毛クリニックと比べると銀座カラーの店舗数の多さも魅力的。
足全体の脱毛し放題ができるのは、サロン脱毛では珍しいプラン内容です。
さらに銀座カラーなら、脱毛中に範囲を追加したい場合、プランの特典やセット料金に切り替えることも可能。
後から脱毛部位を増やして割高になるのが心配な人は、銀座カラーで相談するのがおすすめです。

また、2年で8回の施術ペースがサロンでは一般的ですが、銀座カラーは最大1年で8回通えるので、自己処理をほぼナシの状態でコンスタントに脱毛できます。

足脱毛の準備から施術、脱毛後

クリニックやサロンで足脱毛をする際、覚えておきたいポイントをまとめました。

カウンセリング

足全体やヒザ下だけなど、足脱毛も種類があるので、事前にカウンセリングで希望を伝えるのが大切です。

そこで気を付けたいのが、範囲を広げるかどうかの脱毛予定。
「他の部位は終わっているから、足だけやりたい」
「全身脱毛をする前に、試しに足脱毛をしたい」
このように同じ足脱毛でも考えが違えば、後から脱毛範囲を広げる人もいます。

サロンやクリニックによっては、たとえセットプランがあっても契約後は対象外となり、割高になってしまうこともあるのです。
「だったら最初から、あっちのプランにした方がよかった」と損をしないよう、しっかり伝えましょう。

とくに今後、全身脱毛も希望しているなら「足だけ」「全身の脱毛」で1回の施術時間も変わり、脱毛完了の時期も変わってきます。
カウンセリングで総額の費用など聞いた後でも、断ったり足脱毛だけの契約でもまったく問題ないので、きちんと比較検討していきましょう。

準備

施設で脱毛をする2日~3日前には、自分で生えているムダ毛を処理する必要があります。
これは黒い部分に反応して照射をしていくため。

日頃から自己処理を行っている人は多いかもしれませんが、ひざや足の裏側は漏れやすい部分です。
カミソリで剃ると怪我をしやすいので、目視が難しい部位は、無理せずシェーバーに切り替えてやるのがよいでしょう。

「これくらい目立たないから処理しなくて大丈夫」と生えたままにしておくと、照射をしてくれなかったりシェービング補助で追加料金が発生する可能性もあります。
範囲が広く剃りにくい部分もある足だからこそ、処理方法を変えて丁寧に準備をしておくのが大切です。

施術

足脱毛の施術当日に気を付けたいのが、服装です。
施術着に着替えて脱毛をしたり、着替え不要の部位は私服のまま施術したりするので、どんな服装でもOKとなっています。

ですが、

脱毛後そのまま外出する人なら、施術時の着替えでなく、紫外線対策を意識した服を選ぶのが良いでしょう。
着替えをせずに脱毛できて便利な服装でも、施術後は紫外線をダイレクトに浴びてしまいます。

また、足脱毛は生理中でも施術ができる施設が多いです、ホルモンのバランスも乱れている時期。
痛みを感じやすく肌トラブルも起こしやすいため、足だけの脱毛でも生理中の施術は避けた方が負担を軽減できます。

もしスケジュールの都合で生理中でも足脱毛をしたいなら、麻酔や医師の診察があるクリニックで契約すると柔軟な対応をしてくれるでしょう。

脱毛後

足脱毛に限らず、クリニックやサロンで施術をしてもすぐに毛が抜けてツルツルするわけではありません。
脱毛後、10日~2週間程度かけて毛が抜け落ちてくるのです。

なかには施術後、抜ける前のムダ毛が気になる人もいるかもしれませんが、施術後すぐに
剃ったり抜いたりするのは、肌に負担がかかってしまいます。
さらに、脱毛後だけでなく次回の脱毛も意識して、日焼け対策もきちんと取り組んでいきましょう。

足脱毛はやっぱりクリニックやサロンがいい!

足は脇と同じタイミングで、早い人なら小学生、中学生から剃っていた人も多いかもしれません。
範囲も広く、自分で処理しやすい部位なのでついつい「セルフケアでも大丈夫」と思ってしまいがちですが、露出する部位だからこそ、肌トラブルも目立ちやすい場所です。

無料カウンセリングでは毛質や毛量をチェックして、最適なプランを教えてもらえます。
施設によっては、契約前に痛みをチェックする体験脱毛ができる場合もあるので、ぜひ、プロの足脱毛でムダ毛悩みを解決させましょう!

-部位に合わせた脱毛選び

Copyright© モテ肌 , 2019 All Rights Reserved.

KIREIMO -キレイモ-